読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

365ページのカプリス

カプリス=気まぐれに、気になる情報を!

イヌサフラン(毒草)の見分け方は?ギョウジャニンニクと間違えやすい!

 

f:id:peachsong:20170516090445j:plain

出典・wikipedia

イヌサフランをご存知でしょうか?
かわいい雰囲気の名前ですが、実は危険な毒を持つ毒草です。
山菜のギョウジャニンニクと似ていて、間違って食べてしまう中毒事故があるそうです。

スポンサーリンク
 

もくじ

イヌサフランとは?

f:id:peachsong:20170516080342p:plain

イヌサフラン Colchicum autumnale 

  • イヌサフラン科の植物で、アヤメ科の「サフラン」と似ているが全く別物。
  • ヨーロッパ中南部北アフリカ原産の球根植物。
  • 日本には明治時代に渡来し、園芸植物として広く植えられる。
  • 多年性の球根植物。球根は径 3 ~ 5cm の卵形で、秋に花茎を15cm ほど伸ばし、サフランに似た花をつける。
  • 室内に放置した球根からも開花する。
  • 翌春に 20 ~ 30cm ほどの葉を根生する。
  • 耐寒性が強く、何年も植えたままで開花する。
  • 花・茎・葉など全体に毒性がある。
  • 毒は、アルカロイドのコルヒチン。
    種子には 0.2 ~ 0.6 %、鱗茎には 0.08 ~ 0.2 %含まれる。
    鎮痛薬として使用される成分だが、嘔吐・下痢などの副作用を示す 。
  • 中毒症状は嘔吐、下痢、皮膚の知覚減退、呼吸困難。
    重症の場合は死亡。
    ヒトの最小致死量は体重50 kgの場合,コルヒチンとして4.3 mg程度。
  • 葉は、ギボウシギョウジャニンニクと類似している。
  • 球根は、ジャガイモやタマネギと間違えることがある。

出典・自然毒のリスクプロファイル:高等植物:イヌサフラン |厚生労働省

花言葉も意味深

イヌサフラン花言葉は、

  • 「私の最良の日々は過ぎ去った」
  • 「危険な美しさ」

などだそうです。
ちょっと怖い感じの花言葉ですね…。
もし贈られたら複雑です。

2017年5月も事故発生

男女3人が、ギョウジャニンニクと間違えてイヌサフランを炒めて食べてしまった事件が発生。
残念ながら、女性1人が死亡されたそうです。
残り2人も入院中とのことで、早く回復されることを願います。

出典・イヌサフラン食べ80代女性が中毒死 ギョウジャニンニクと誤る 北海道・富良野保健所 (北海道新聞) - Yahoo!ニュース

春と秋は特に注意!

ニンニクやタマネギ、ジャガイモとの誤食は、球根が出回る秋に起こることが多い。
球根は、子供や認知障害のある人の手の届くところや、台所には置かない。
葉は開花後に出るため、春にギョウジャニンニクギボウシ、山菜などとの誤食が起こる。
観賞用の花壇と家庭菜園とは別につくり、一緒に植えない。

自分で採取した食物には、よくよく注意が必要ですね!

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000058791.html

スポンサーリンク
 

見分け方は?

ギョウジャニンニクと比較

f:id:peachsong:20170516082801j:plain

出典・イヌサフラン食べ80代女性が中毒死 ギョウジャニンニクと誤る 北海道・富良野保健所 (北海道新聞) - Yahoo!ニュース

↑左がギョウジャニンニク、右がイヌサフラン

f:id:peachsong:20170516084752j:plain

出典・https://www.city.niigata.lg.jp/iryo/shoku/syokuei/shokucyudokuinfo/inusahuran.html

イヌサフラン

f:id:peachsong:20170516085119j:plain

出典・http://www.forest-akita.jp/data/sansai/02-ninniku/ninniku.html

ギョウジャニンニク

かなり、似てますよね。

見分けのポイントは、「匂い」「葉の枚数!」

  • ギョウジャニンニクの芽生えからは強いニンニク臭がするそうです。
    葉を揉めば、すぐにわかるそう。
    イヌサフランは匂いがしません!
  • 葉は通常、1芽から1〜2枚(稀に3枚)。
    イヌサフランの方は、葉が多数。
    葉は楕円形または狭楕円形で基部が次第に細くなっています。

詳しくはこちら!→ギョウジャニンニクとイヌサフラン(東京都薬用植物園)

こちらも参考に!→山菜採りシリーズ② ギョウジャニンニク | あきた森づくり活動サポートセンター

とはいえ、見分け方がわかっても、自己判断は危険かもしれないですね!
せっかくの美味しい食事、リスクをおってまで食べない方が良いと思います…。

希少なギョウジャニンニク

ギョウジャニンニクは繁殖力が非常に低そうです。
発芽してから5年ほどは、葉が一枚しか発生せず、葉が二枚になるまでは、6~7年もかかるとのこと。
希少価値が高く高値です。
ですので、見つけた!と思うと取ってしまうのかもしれませんね。

ギョウジャニンニク商品

ギョウジャニンニクを味わいたい方はこんな商品もあります。 


 


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヒトビロ正油漬(行者にんにく)
価格:1890円(税込、送料別) (2017/5/16時点)


 

まとめ

イヌサフランの毒、怖いですね。
山菜などは、気軽に採取せず、注意しましょう!!
できれば売っているものを食べた方が安心ですね!

オススメ記事

スポンサーリンク