読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

365ページのカプリス

カプリス=気まぐれに、気になる情報を!

ラブカ、TOKIO捕獲の正体と画像!シンゴジラモデル古代サメ、水族館展示は?

f:id:peachsong:20170513140143j:plain

出典・twitter

TOKIOが、古代鮫・ラブカをゲット!!

5月14日の鉄腕!DASH!!では、東京湾の深海「東京海底谷」を調査。
太古の昔より生きる珍しい古代サメ、ラブカを捕獲したそうです。
そのシンゴジラのモデルでもある古代サメ・ラブカについてご紹介します。

スポンサーリンク
 

もくじ

古代サメ・ラブカとは?

f:id:peachsong:20170513143206p:plain

ラブカ(羅鱶、学名 Chlamydoselachus anguineus)

  • 外見からウナギザメ(鰻鮫)と呼ばれることも。
  • 大西洋・太平洋の大陸斜面、水深500–1,000メートルの海底で生活。
  • 日本では駿河湾相模湾などで浅海に上がってくる。
  • 原始的なサメの特徴を持ち、生きている化石とも呼ばれる。
  • 全長約2メートル
  • イカ・タコなどの頭足類を食べる
  • アゴが大きく鋭い歯で大きな獲物ものみ込める。
  • 胎盤性胎生で、繁殖期はなく、妊娠期間は3年半
  • 準絶滅危惧とされている。

出典・wikipedia

蛇のようなウナギのような姿。
2mもあるとのことで、間近にいたら腰を抜かしそうですよね!
妊娠期間が3年半!びっくりですね。

正体は未だに謎。
2004年、初めて泳ぐ姿が撮影され、話題となったそうです。
伝説のシーサーペントとしても有名だとか。
三つ又の歯が特徴で、獲物がもがけばもがくほど、食い込むという恐ろしい歯なんですって!

TOKIOがラブカを捕獲!

日本テレビ系、「ザ!鉄腕!DASH!!」の収録中に東京湾に来た、TOKIOメンバーである城島茂さんと山口達也さん。
東京湾入り口の水深500メートルの「東京海底谷」の生物調査をしていたそうです。
東京海底谷」は最深750mで、珍しい生物などにも出会える場所。
春は特に生き物が活発で、様々な生き物が登場。
水深380mには、ハイエナのようなフジクジラというサメの一種も見られました。

深海刺し網漁

3日前に仕掛けておいた深海刺し網漁の網を引き上げる。
ナンヨウキンメやオオグソクムシが!
オオグソクムシは、海のお掃除屋さんとも言われる生き物で、今大人気なんだそうです。
味が絶品のヘラツノザメもかかっていました。

と、その次に!
網にかかっていたのは「ラブカ」!
とても貴重な生物である「ラブカ」を生け捕りに成功!

コーナーの監修を務める海洋環境専門家の木村尚さんは「あの2人が持つ強運ぶりにはただただ驚くばかりです。東京湾で長年活動してきた私ですが、まさか生きたラブカを見ることができるとは思っていませんでした」とコメントしている。

めったに見れない幻の古代魚だったのですね!
さすが、ジャニーズタレント、様々な強運に恵まれています。
それにしても、ちょっと気味の悪い謎めいた魚ですね…。

シンゴジラのモデル

f:id:peachsong:20170513150431j:plain

出典・twitter

話題となった映画「シンゴジラ」。
第二形態のモデルとなったのがラブカです。

ラブカ「ぬいぐるみ」も人気に!

ちょっと怖いような可愛いらしさが良いですね〜!
独特の存在感があるぬいぐるみ。
通販で購入される方が多いとのこと。 

スポンサーリンク
 

水族館で展示されていたことも

f:id:peachsong:20170513154504j:plain

↑『シン・ゴジラ』ならぬ『シン・ラブカ』と命名したぬいぐるみが人気に!

沼津港深海水族館で過去に何度か展示してますが、死亡してしまうようです。

過去に何度か捕獲されるも死亡してしまうラブカ。
水圧の影響が大きな要因だそうです。

ラブカの卵に会える!

今年2017年3月28日にもラブカが水族館に搬入されたそうですが、すぐに死亡してしまったとのこと。
残念ですね…。
でも、卵が発見されたそうです!!

この個体、全長1.6m 体重8.3kgの雌でした。
過去に水族館に運び込まれているラブカと比べても最重量。
雌ということもあり、スタッフの間では卵を持っているのではないかと話にあがっておりました。
そして昨日死亡後、速やかに解剖。
その結果、やはり卵をもっていました。
しかも受精卵で発生が確認できます!!!
スタッフ一同大興奮。
急いで取り上げて、水槽へ

卵を3つ展示して、孵化を目指しているそうです!

出典・ラブカの卵、展示中|沼津港深海水族館・シーラカンスミュージアム公式ブログ

現在は、ラブカの卵と赤ちゃんを展示

2階に展示していたそうですが、最近1Fの深海の丸窓の水槽に移ったそうです。

ぜひぜひ長生きして欲しいですね!
古代鮫、ラブカの卵!神秘ですね〜!
TOKIOの鉄腕ダッシュにも関連するマスコット、人気出そうですね〜!

入場料

大人 (高校生以上) こども(小・中学生) 幼児 (4歳以上)
¥1,600 ¥800 ¥400
※65歳以上の方、100円引き(証明書をご提示ください)
※他の割引サービスとの併用はできません。

アクセス・沼津港深海水族館

〒410-0845 静岡県沼津市千本港町83番地

詳細はこちら
アクセス :: 沼津港深海水族館

まとめ

捕獲したラブカはどうなるのでしょうか?
展示されるのか海に戻すのか…。
それにしても深海の古代サメ・ラブカ、迫力とロマンを感じますね〜!

オススメ記事

スポンサーリンク