読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

365ページのカプリス

カプリス=気まぐれに、気になる情報を!

コーンショット(エニウェアドア)原宿の場所・地図!通販や作り方レシピは?

 

f:id:peachsong:20170418161023j:plain

出典・twitter

コーンショットをご存知でしょうか?
2017年、ブレイクが予想される新スイーツなんです。
簡単に言うと、チョコなどで装飾されたコーンカップに、飲み物を入れ、飲みながら食べるというもの。
容器もたべれるので、エコショットとも言われるスイーツなんです。
このコーンショットがたべられるお店と、作り方をご紹介!

スポンサーリンク
  もくじ

コーンショットの店、Anywhere Door

コーンショットのお店は、原宿にあります。
エニウェアドア(Anywhere Door)というお店です。
2017年1月に東京・原宿にオープンしました。
海外では、「エコショット」のほか「ワッフルショット」とも呼ばれているそうです。
アイスのコーンで、カリカリワッフルのようなものってありますものね。

様々な飲み物を入れて楽しむ

コーヒー、紅茶、カフェラテだけでなく、ウイスキーやアイスクリームまで様々なバリエーションを楽しめるとのこと!
見た目も非常に可愛くて写真映えするのでインスタやtwitterなどSNSにもたくさん! 

値段は?

価格は、コーンカップが380円(税抜き)
中に入れる飲み物が、230円〜370円位のようです。
詳細はこちら
メニュー|AnyWhere Door|原宿 コーンショット

税込にしてトータルすると平均して700円前後という感じですね。
手のひらサイズなので、リーズナブルとは言い難いです…。
でも美味しいのは間違いないですし、原宿なので立地条件を考えると妥当ですね!

イートインはスタンドのみ

f:id:peachsong:20170418164007j:plain

出典・twitter

スタンド用のハイテーブルがあるのみなので、座るコトはできません。
休憩など兼ねて、ゆっくりしたい方には不向きのようです!
でも、とてもハイクラスな雰囲気のお店のようですので、セレブ気分で新スイーツを楽しめそうですね!

詳細はこちら
AnyWhere Door|原宿 コーンショット

場所・アクセス

東京都渋谷区神宮前3-27-15 FLAG1A
TEL 03-6721-1995
HOURS 営業時間:11:00~19:00
ACCESS 東京メトロ千代田線・副都心線明治神宮前」徒歩5分エニウェアドア(Anywhere Door)

スポンサーリンク
 

通販情報!

楽天に店舗がありました。
まだ、種類はこちらのみのようです。
5種類の味が入って2052円(税込)
お店と同じ価格のようです。 
(お店は1つ税抜き380円、×5=1900円で税込にすると2052円です。)

別途送料がかかりますが、お店に行く交通費と思えば安い場合もありますね〜!
レビューに「賞味期限が短い!」とあったので、留意してくださいね!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本初上陸の「 コーンショット 」!
価格:2052円(税込、送料別) (2017/4/18時点)


 

簡単!作り方レシピ

f:id:peachsong:20170418165522j:plain

アイスのコーンを使えば簡単に作れるのでは?
と思って作ってみたのが↑これです。

見た目は中々可愛くできたと思います〜!
でも、飲み物を入れると下から染み出してきちゃうんです…!
そういうわけで、結局そのままかじって、カフェオレとともに食べました、笑。
子供にはアイスを乗っけてあげたら喜んでいました♪

見た目はとっても可愛いし、そのまま食べるのも美味しいので、パーティなどに向いてます。
アイス専用ということなら、お勧めできますので一応作り方を書いておきます。

作り方・材料

材料(コーン4つ分)

  • アイス用コーン…4つ
  • 板チョコ…2枚(私は1枚をホワイトチョコに)
  • お好みでマショマロ…適量
  • ビスケットやクッキー、しみチョコなど…適量
    (家に余っているものでOK)

作り方

  1. 板チョコを湯煎で溶かし、コーンの内側に流し塗ります。
    フチと、フチの外側にも塗ります。
  2. ビスケットやしみチョコなどをビニールなどに入れ、細かく砕いておきます。
  3. マショマロを適当にカットして上から余ったチョコを流します。
  4. 粉々になった2をお皿に乗せ、コーンのチョコ部分を当てて、くっつけて完成。

f:id:peachsong:20170418170910j:plain

これを使いました〜、近所のスーパーで200円前後。

 

f:id:peachsong:20170418171623j:plain

これは、家に余ってたいちごクランチです、ピンク系があると華やかになりますよね〜。
こんな感じで、チョコにくっつけていきます。

f:id:peachsong:20170418171612j:plain

チョコ棒をストローに見立てて乗せてみました。
しっとり抹茶は砕いて、ホワイトチョコの方に!

f:id:peachsong:20170418172037j:plain

泡立てたホットミルクを入れたら美味しそうと思ったのですが、染みます…。
お皿が白いのでわかりづらいのですが、ちょっと出てます。
もしかしたら、チョコレートをたくさん使って分厚い壁を作れば大丈夫なのかな?

f:id:peachsong:20170418172647j:plain

そのままで食べても、サクサクして美味しいです!
想像通りの味だけど、シンプルなバニラアイスをのせても、可愛いですよ。
リーズナブルにできるのも良いですね。

まとめ

原宿のお店、おしゃれそうですね!
店内では、写真を撮っている方が多いそうです。
見た目が可愛いので、絵になりますよね。
レシピも参考にしてみてくださいね〜。

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク