読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

365ページのカプリス

カプリス=気まぐれに、気になる情報を!

近藤博子(こども食堂) 講演会の評判は?有機野菜で家庭の味!

f:id:peachsong:20170329205755j:plain

出典・http://www.47news.jp/feature/mamapapa/kids/201007post_42.html 

近藤博子さんをご存知でしょうか?
最近、都内を中心に広がりつつある「こども食堂」の創始者なんです。
3人のお子さんをもつ、母親でもある近藤さん。
各地で講演会なども行っているとのことで、調べてみたのでご紹介いたします。

スポンサーリンク
 

 近藤博子さん、プロフィール

  • 生年月日… 1959年
  • 出身地…島根県
  • 高校卒業後に上京、歯科衛生士の資格を取得。
  • 09年4月、商店街の空き店舗で「八百屋・だんだん」を開店。

 

こども食堂「気まぐれ八百屋だんだん」の店主である近藤さん。
食堂を始めたきっかけは、校長先生の言葉だったそうです。
「日本は飽食と言われていますが、お母さんが病気などで朝ごはん・晩ごはんがバナナだけという、子供がいるんです。」
それを聞いた近藤さんはショックでたまらず、何かをしなくてはと「こども食堂」を始められたそうです。

近藤さんは2017年現在、57歳〜58歳ですね!
パワフルでお若く見えますね〜。
3人のお子さんがいらっしゃるそうです。
長男(22)を筆頭に、1男2女。
今年3月には、初孫が誕生したそうですよ!

こども食堂とは?

こども食堂とは、子供専用食堂という意味ではないそうです
子供1人でも安心して入れる、安くて温かみのある食堂という意味合いのようで、大人ももちろんOKとのこと!
親が遅くまで仕事だったりと、1人でご飯を食べなければならない子供にとっては、第二の我が家のように安心できる場所。
そういう場所を作りたいとの思いで、地域の方のボランティアなどにより運営されているそうです。

f:id:peachsong:20170330205605j:plain

こどもは100円という安さ!
確かにボランティアの方の協力がないと、なりたたない価格ですよね。

f:id:peachsong:20170330205710j:plain

出典・本日のメニュー、出来上がり‼︎|気まぐれ八百屋だんだん

健康的で、栄養豊富そうなメニューですね。
しかも美味しそう!
近所にあったら食べに行きたいです…。

こども食堂は週に一度。他の利用方法もあり!

f:id:peachsong:20170330210227j:plain

出典・http://ameblo.jp/kimagureyaoyadandan/

「気まぐれ八百屋だんだん」では、ワンコイン寺子屋など、勉強スペースとして使ったりもしているとのこと。
もちろん、名前の通り八百屋さんでもあります。
無農薬野菜や、自然食品を扱うとのこと。
そして、勉強や食事だけでなく、地域の人とのコミュニティ広場のようにもなっているそうです。

「家以外にも大人と関わる機会って、なかなかないんですよね。こどもたちはここで、さまざまな大人と会話ができます。自然とミニ社会ができ、関わり合うことで社会を学んでいけると思っています。」

出典・こども食堂 「気まぐれ八百屋だんだん」はまるで第二の”我が家”だった! - ほいくらいふ

どんどん広がる「こども食堂」

都内を中心に、こども食堂が増えているそうです。
店舗一覧はこちらです。
子供が安心して食事できる場所があると、一緒に夕食をとれない親としては、本当に有難いですよね。

こども食堂ネットワーク : こども食堂で食べたい人

スポンサーリンク
 

講演会の評判は?

近藤博子さんは、講演会などでお話しされることも多いそうです。

ブログなどで、講演に行った感想を書かれているのを読むと、「とても良かった」「感動して、考えさせられた」などと評判のようです。

近藤さんがこのような活動をするのは、近藤さん自身のこども時代が関係しているとのこと。
近藤さんは、幼い頃、身近に障害者いたそうです。
そういう環境で、世の中には色々な人がいることや、早くに母親を亡くしたので周囲の大人が距離感で見守ってくれたこと。
その経験が、今の近藤さんのバイタリティにつながっているようです。
子供が幸せな地域=豊かになる地域とのことだそうです。

確かに、こどもの頃の精神状態って、大人になってもずっと影響するものですよね。
暖かい環境で育った子供が大人になると、自分がされたように子供に接することができるので、核家族化が進んだ現代では、地域で子供を見守ってあげることも必要なのかなと考えさせられますね。

賛否両論も?

ボランティアの方々の協力となると、時間的拘束が難しいとの声もあり、しっかりと経営していくのは難しい面もあるようです。
失敗して閉店というパターンのこども食堂もあるとか。
また、本当に必要としているこどもが、行けるのかどうかもわかりません。
確かに、こども食堂さえあれば、孤独な子供がいなくなるという単純な話ではないですが…。
でも、「本当に困った時などに行ける場所が存在する」というのを知っているだけでも心強いと思っている人もいるのでは?と思います。
結局一度も利用しなくても、あるだけで何となく安心ていう感覚のものってありますよね。

まとめ

近藤さんの、優しさや行動力がとってもパワフルで驚きです。
「こども食堂」に支えられて、どんどん子供の笑顔が増えるといいですね!

読んでいただきありがとうございました。

オススメ記事

スポンサーリンク