読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

365ページのカプリス

カプリス=気まぐれに、気になる情報を!

プレコ、沖縄の川で大繁殖の理由は?他の魚を食べる?料理して食用にも?

グルメ テレビ タレント 料理

f:id:peachsong:20170316141252j:plain

出典・https://twitter.com/search?q=%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%80%80%E6%B2%96%E7%B8%84&src=typd

プレコと呼ばれる魚をご存知でしょうか?
ちょっと不気味な姿をした、南アメリカ原産の魚です。
鎧のような皮膚をもつので、他の魚に食べられない為、沖縄で大繁殖!
どういった魚なのか、食用にできるのかもご紹介します!

スポンサーリンク
  もくじ

プレコとは?

プレコの主な特徴です。

  • ナマズ目ロリカリア科アンキストルス亜科、およびヒポストムス亜科に分類される魚類を、おもに観賞魚としてみた場合の総称。
  • 10cm以下の小型〜1mを越える大型の種類まで多様。
  • 鎧のように固い強靭なウロコを持つ。
  • 岩などに吸いつくことができる吸盤状の口がある。
  • 体型は水流を受け流すために腹部が平らな流線型をしていることが多い。
  • 胸びれの付け根にはエラがあり、雄はエラ蓋や胸びれにトゲが発達する。
  • 猫やヤモリのように、瞳の形状が周囲の明暗で変化する。暗い場所では通常の魚のように丸く、明るくなると上を向いたアルファベットのCのような形に変化していく。この瞳の形状をギリシャ文字のオメガ(Ω)を逆向きにしたものになぞらえてオメガアイと呼ぶ。
  • 体色や大きさが多種あり観賞用として人気。
  • プレコは産んだ卵を守る性質があることから稚魚の生存率が高く、水質の悪化にも強いため、沖縄や東南アジアでは野生化したLiposarcus multiradiatus種が他の魚を脅かすほど繁殖しており、問題になっている
    フィリピンでは汚れた川をきれいにするために放流されたが、藻類以外にも魚を食べてしまうため在来種の絶滅が心配されている。

出典・https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B3

なぜプレコが沖縄で大繁殖?

f:id:peachsong:20170319183450j:plain

出典・http://www.city.okinawa.okinawa.jp/sp/about/134/1808/4945

なぜ沖縄で大繁殖してしまったのでしょう?
水槽で楽しむ為に数百円で購入したペット用プレコが、予想外に大きくなってしまい、川に放流してしまう人たちが原因とも考えられているようです。
こういった人は全国にいると思われますが、放流されたプレコの大多数は、水温が足りずに生き延びれないと予想されます。
でも、原産国に似た温かい沖縄で捨てられたプレコは、生き延びて繁殖し定着したようで、比謝川などにたくさん住み着いたそうです。
温暖化もしているので、暑い国の外来種が生きやすくなっていますね。

生態系を壊す危険性

沖縄県では、これ以上外来種の魚が増えないよう注意を呼びかけています。

メダカやタメトモハゼ、ヨシノボリ類など、琉球列島に本来すんでいた魚類を守るためには、外来魚の少ない川や池の環境を、今後も美しく保ち、さらに、外来魚を移植放流しないことが大切です。 

出典・外来魚密放流禁止!/沖縄県

魚の放流は絶対にやめましょうね!
プレコは、川底に大きな巣穴を作り地形を変えて、地盤沈下の恐れも!
生態系への影響も心配されています。
さらなる予想以上の悪影響があるかもしれません。
自分で責任をもってペットを帰るか、熟慮してから飼わないといけませんね!

プレコは強い

…ちょっと怖いですね。
水槽に一緒に入れると、他の魚を食べてしまうとの声もあるようです。
でも仲良く他の魚と水槽にいるプレコもいるそうですので、種類や環境にもよるようですね。

フィリピンでも?

プレコはコケや藻などを食べてくれるので、フィリピンでは、川の浄化目的で放流したところ、繁殖しすぎてしまったそうです。
硬い鎧があると、他の魚が食べれないですもんね…。

スポンサーリンク
 

食用にできる?

原産国では中型や大型のプレコを食用にもしているそうです。
固い鎧があるので、調理には手間がかかるそうです。
プレコを捌く際は、ウロコの細かいトゲなどで指先がボロボロになるそうです!
分厚いビニール手袋などしたほうがいいかもしれないですね。
味は、淡白で弾力があるとのことで、結構美味しいようです!
プリップリの食感とのこと!
ちょっと食べてみたい…。

出典・http://www.dee-okinawa.com/topics/2015/07/pleco.html

プレコ、意外と食べている人が! 

鎧から身をとって、ほぐして団子にしたのでしょうか?
手間がかかりそうだけど、美味しそう。

プレコにピラニア!
国によって日常的に食べるものって違うんですね…。
日本での「鮭」みたいな扱いでしょうか〜?

ワイルドですね。
そのうち沖縄の名物になるかも!?

日テレの「ザ!鉄腕!DASH!!」でプレコ料理!

グリル厄介コーナーにて、プレコ料理を作り食べます!
モリで捕獲!
フランス料理に大変身!

都内のオシャレなフレンチレストランに持ち込んでいました。

そして出てきたのは、高級そうな創作フレンチ風の一品!
一品目は、黒トリュフをまぶしたプレコに、麺状の衣をつけて、油で揚げたもの
盛り付けもおしゃれで、繊細なお料理に。
あの野生的な泥臭いプレコの雰囲気はありません!
塩で水分と臭みを抜き、オリーブオイルで柔らかくしてあるとのこと。

新玉ねぎのソースがかかっていました。
玉ねぎ成分で臭みを消すとのこと。
店で出すなら2800円だそうです。

さらに、ムニエルも作っていました。
生姜フェンネル、ビネガーで臭みを消すそうです。
まずは、臭みを消すことがポイントなんですね〜!

TOKIOの城島さん、長瀬さんもも舌鼓を打っていましたね。

プレコなど外来魚の料理本も!

外来種の魚をいろいろ食べてみるレシピ集もあるんです。
面白そう!
プレコ、表紙の真ん中にいますね〜!

まとめ

水中世界でも、古き良き日本は侵食されているんですね…。
時代とともに、生態系が変化していくのはある程度、仕方のないことかもしれませんが、これ以上プレコが増えないようになってほしいものですね。

読んでいただきありがとうございました。

 オススメ記事

スポンサーリンク