読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

365ページのカプリス

カプリス=気まぐれに、気になる情報を!

徳川吉宗が花見を庶民に推奨!無料ロープウェイもある桜の名所って?

役立つ テレビ

f:id:peachsong:20170316193049j:plain

出典・https://www.city.kita.tokyo.jp/d-douro/jutaku/koen/asukayama.html

もうすぐ桜の季節がやってきますね。
お花見を庶民に広めたとされるのは、江戸幕府8代将軍の「徳川吉宗だと言われています。
吉宗に縁する、桜の名所などをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
  もくじ

お花見は暴れん坊将軍が広めた?

f:id:peachsong:20170316215743j:plain

出典・https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E5%90%89%E5%AE%97

今ではお花見といえば、当たり前の春のイベント。
桜の下で家族や仲間で飲んだり食べたり楽しむ人が多いですね。

そんなお花見のルーツですが、庶民にお花見を広めたのは暴れん坊将軍江戸幕府8代目の徳川吉宗と言われています。
享保の改革の一環として、各地に桜を植えていったそうです。
花見客が利用できる飲食店も用意させ、庶民に花見を奨励したそうです。
日頃の政府や生活に対する不満などを解消するよう、アメとムチ方式のような一面も。

花見推奨は、火事防止の目的も?

「火事と喧嘩は江戸の華」と言われ、火事の絶えなかった当時。
江戸で困窮し、不満を持つ人の放火が絶えず、火事騒ぎの中の火事場泥棒も多数いました。
家が密集した江戸では、火事が起こると大火となり、甚大な被害になることも。
そこで、街を整備する目的でも、桜が植えられたそうです。

桜にノスタルジックな想い?

吉宗が桜にこだわった理由は、郷里の紀州にある桜の見事な長保寺という寺の桜を偲んだからと言われているそうです。
江戸に植えられた桜を見て郷愁を感じることもあったのでしょうね。

スポンサーリンク
 

吉宗が作った桜の名所、4箇所を紹介!

1、王子の飛鳥山

f:id:peachsong:20170316191129j:plain

飛鳥山公園モノレール(あすかパークレール)というロープウェイのようなものがあります。

  • 無料で利用でき、利用時間は10時〜16時。
  • 片道2分。
  • 花見時は混雑することが多い。

詳細はこちら→飛鳥山公園|東京都北区

アクセス
〒114-0002東京都北区王子1-1-3 TEL 03-3908-9275

 

向島の隅田川堤 

f:id:peachsong:20170318150155p:plain

隅田川の吾妻橋・桜橋間は、日本でも有数の桜の名所。
約600本の桜が美しい公園です。
東京スカイツリーも見える人気スポット。
屋形船に乗って、両岸の桜並木を眺めるのもおすすめ。
地下にリバーサイドギャラリーもあります。

詳細はこちら
隅田公園リバーサイドギャラリー利用のご案内 台東区ホームページ

アクセス
〒131-0033 東京都墨田区向島1−2−5

隅田公園では、パンフレットを配布しているそうです。
配布場所:台東区役所公園課・隅田公園休憩所

玉川上水沿いの小金井 

f:id:peachsong:20170318143355j:plain

出典・http://tokyo.itot.jp/hana-koganei/48

小金井桜」は国の名勝にも指定されており、玉川上水とともに整備・保全が進められているとのことです。
マップを参考にして、桜を満喫しましょう!

f:id:peachsong:20170318143258j:plain

出典・詳細はこちら
みて歩き小平 玉川上水下流エリア/東京都小平市

アクセス

 

品川の御殿山

御殿山は、現在の品川区北品川3丁目~5丁目付近だそうです。
現在はビルやホテル、大邸宅が並ぶ高級住宅地に。
でも桜に縁の深い御殿山、たくさんの桜があり桜並木が整備されています。
散歩しながら桜を楽しむのがオススメです。

『御殿山の坂』が、御殿山地域では、ここの桜並木が本数も多く一番見事だそうです。
詳しくはこちら。
しながわ観光百科

御殿山トラストシティの桜も美しいと評判。

オススメお散歩コースはこちら。
“桜の名所の御殿山”、春のお散歩コースをご紹介! | 御殿山トラストシティ

アクセス
〒140-0001 東京都品川区北品川4丁目7−35

 

まとめ

江戸時代に、徳川吉宗がせっせと桜を植えてくれたので、現代の私たちもお花見が恒例になったのでしょうね。
吉宗が花見を奨励するまでは、江戸の桜は寛永寺くらいしかなかったとのこと。
お花見もルーツを知ると、より味わい深く楽しめそうですね。

読んでいただきありがとうございました。

オススメ記事

スポンサーリンク