読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

365ページのカプリス

カプリス=気まぐれに、気になる情報を!

伊藤美誠の父、自己破産は娘の為?中国人と噂の母親、ささやき戦術おかしい?

f:id:peachsong:20170310151659j:plain

出典・http://world-tt.com/blog/ito/

伊藤美誠さん、ご存知ですよね?
言わずと知れた日本の女子卓球選手です。
母が元卓球選手で、2歳から卓球の英才教育を受けているエリート選手。
父親が登場しないこと、母親の英才教育がとても個性的と話題なので、調べてみました!

スポンサーリンク
 

伊藤美誠さん、プロフィール

  • 伊藤美誠(いとう みま)
  • 生年月日…2000年10月21日
  • 血液型…O型
  • 磐田市立磐田北小学校
  • 大阪・昇陽中学校卒
  • 大阪・昇陽高校在学

2歳から卓球を始めた、伊藤さん。
1日7時間とも言われる母親、美乃りさんのスパルタ教育のおかげで、技能も精神力もすばらしいと言われている。

父が自己破産? 

母親の地元である静岡県に卓球練習場付き戸建を購入した一家
その際、金融機関で住宅ローンを組んだそうです。

そして、5年ほど前に伊藤さん夫婦は離婚。
父親は、家を出て行き、卓球用品など扱うお店で勤務する事になったそうです。
そして、ローンが払いきれずに自己破産したとのことなんです。
娘のためを思って、戸建の方が練習しやすいと購入したのでしょうね。

その後、その自宅は母親である美乃りさんが、資金を工面して買い取ったそうです。
離婚理由などは、公表されていませんが、父親が試合を見に来ていることもあるので、円満離婚だったのでしょうね。

母親のスパルタ教育、ささやき戦術って?

母である美乃りさんが、スパルタすぎておかしいという噂もあります。
1日7時間の練習が深夜2時まで続き、容赦なくダメだしする。
知れば知るほど、驚くべき鬼のような厳しさ…。

美乃りさんは、「最初から中国を超えてないと、中国には勝てない」とのこと。
さらに、ささやき戦術とも呼ばれているのが、寝ている美誠さんの耳元で、毎晩のように「中国に勝てるのは美誠しかいない!」と睡眠学習のような教育。

…ここまでやるの?とは思いますが、世界に出る人を育てるのって大変なんですね。
そんな母に答えようと頑張る美馬さん、すごい親孝行だなと思います。
もちろん、自分自身の為もあるのでしょうが。

親が中国人という噂は?

中国人との噂ですが、ご両親とも日本人のようです。
強敵中国を意識したスパルタ教育のイメージなどから「中国人のように厳しく指導」が「中国人的指導」となって、誤解をされたのかもしれないですね。

日本では卓球人気が急上昇というか、盛んになってきたと感じます。でも、中国はもっとすごいです。中国はまさに卓球の国という感じで、テレビをつければCMにもバラエティにも、何にでも卓球が出てくるんです。卓球は競技スポーツとしても、健康づくりのためにも、どちらでも楽しめるスポーツだと思いますので、日本でももっと広まるといいな、と思います。 

出典http://www.toto-growing.com/interview20

こんな風な中国を意識した伊藤美誠さんの発言なども誤解を呼んだのかも!
でも確かに、日本では卓球というと地味な印象がありますが、スペースもそれほど取らないし、もっと広がっていくといいですね。

スポンサーリンク
 

みうみま」でギネスに!

f:id:peachsong:20170311145030j:plain

出典・http://www.guinnessworldrecords.jp/jpinterview/MimaitoMiuhirano

最年少コンビとしても、平野美宇選手とともに有名になった伊藤美馬選手。

2014年には伊藤美誠選手と平野美宇選手が「ITTFワールドツアー卓球女子ダブルス-合計年齢(Youngest winners of an ITTF World Tour Doubles title -combined age)」という記録でギネス世界記録にも認定されました!

華々しい活躍ですね〜!
こんな若い成長過程で、スポットライトを浴びるってどんな気分なのでしょうね。

ブログがかわいい

ブログでは、試合とは違う雰囲気の美誠さん。
やはり女子学生なんだなーという顔が垣間見れます。
祖父母とも仲良しのようで、一緒に楽しく寸又峡の夢の大橋に行った様子なども綴られていました。

伊藤美誠さんのオフィシャルブログ
http://world-tt.com/blog/ito/

まとめ

厳しい英才教育によって、ずば抜けた才能が開花した美誠さん。
様々な困難も平気で乗り越えていけそうな、強靭さを感じますね。

これからのご活躍も楽しみです!
読んでいただきありがとうございました。

オススメ記事

 

スポンサーリンク