読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

365ページのカプリス

カプリス=気まぐれに、気になる情報を!

ネクストコモンズラボ(代表・林篤志)とは?遠野・奥大和などから起業活動!

f:id:peachsong:20170124172836j:plain

出典・林 篤志 (@AtsushiHayashi) | Twitter

若き起業家である林篤志さんが代表を務める「株式会社Next Commons(ネクストコモンズ)」。
まだご存知な方は少ないと思いますが、これから要注目の存在です。
2016年秋から岩手県の遠野を皮切りに本格的にスタートした新プロジェクト。

優秀な人たちが地方で次々に起業していくという内容で、興味を惹かれます。
気になるので調べてみました!

スポンサーリンク
 

”Next Commons Lab”(ネクストコモンズラボ)とは?

さまざまな領域で活動するメンバーが集まり、 プロジェクトを通じて地域社会と交わりながら、 ポスト資本主義社会を具現化する議論と実行の場です。

出典

nextcommonslab.jp

ちょっと難しいのですが、現在の行き詰まった資本主義から、生きやすく新しい社会を作ろうという試みの1つということでしょうか。
本社は、岩手県遠野市「株式会社ネクストコモンズ」。
行政と協力して立ち上げたプロジェクトが「ネクストコモンズラボ」です。
代表は林篤志さん。

スポンサーリンク
 

林篤志さん・プロフィール

2007年豊田高専卒業し、システムエンジニアを経て独立。
さまざまなプロジェクトの立ち上げに携わり、現在、学びの場・食・地域などをフィールドに横断的に活動中!

2007年に高校卒業されているので、27歳くらいですね!
若くして、様々な経験をされているのですね!

ネクストコモンズラボの活動とは?

新しい理想の社会を作ると言われても、具体的なイメージが浮かびませんよね。
実際の活動はどのようなものなんでしょう?
すでに岩手県遠野市集まった20名のメンバーが、10種類以上のプロジェクトを開始しているのだそうです。
メンバーの構成は、有名な大手企業を辞めてきた人、遠く欧州から来たイタリア人など様々。
以下のようなプロジェクトを遠野で開始しているそうです。

  • Beer Experience→ホップ栽培とクラフトビールで地域を変える。
  • 発酵プロジェクト→どぶろくをはじめとする発酵食品を科学する。
  • Local Tech Lab→地域に眠るデータを可視化する。
  • 里山経済プロジェクト→自然を主体にした経済をつくる。
  • 限界集落株式会社→助け合う新たなコミュニティ作り
  • 産前・産後プロジェクト→「必要な産後ケアを受けられる施設」作り
  • 超低コスト住宅プロジェクト→予算180万円で家を建てるプロジェクト。 
  • 遠野デザインプロジェクト→品物や生産現場への高い理解度が効果的なデザイン制作。
  • 遠野グローバルスクール→様々な環境と生きる術を持つ人と学び合うことができる場作り。
  • フードハブ・プロジェクト→畑から食卓まで「食」で繋がるコミュニティ作り

資金などは?

ネクストコモンズラボは、株式会社Next Commonsと岩手県遠野市が、行政、民間企業、起業家などと、地域にあたらしい産業を生み出し、地方が抱える共通課題を解決しようと共同設立されたものです。
遠野市では、今回この仕組みの中で立ち上がる10のプロジェクトを担う起業家を公募。選ばれた起業家は遠野市に拠点を移すことで、3年間の条件付きベーシック・インカム(月額約14万円の最低生活保障)が導入されます。
国内初となる試みだそうです。

総務省は2009年から「地域おこし協力隊」という制度をやっている。
隊員1人につき報償費等として年間200万円~250万円、活動費として年間150万円~200万円をそれぞれ上限に地方自治体に特別交付税措置するものだ(期間はおおむね1年以上最長3年まで)。
林さん総務省の「地域おこし協力隊」という制度を活用し、総務省に提案し、Next Commons Labでもこの制度を運用することになったのだ。
具体的には、国から入る年間約400万円・人の資金をベースに、起業・独立する人に、支援金として毎月14万円程度(年約250万円)のベーシックインカムと、年間30万円の補助支援金を最大3年間支給する仕組みとしたのだ。残りはNext Commons Labのコーディネーションフィーとなる。自然と起業家が集まる仕組みに返還したと言えよう。これが各自治体の注目を集めている理由だ。

出典・

www.social-innovation.jp

使える制度を最大限利用して、新しい活動を起こす、賢いやり方ですよね。
若い世代の人が地方で起業することは、活性化につながるし、歓迎されそうですね!

さらに、林さんは遠野市のプロジェクトを皮切りに、Next Commons Labが全国に広がり、3年後にはそれが100カ所になり、そこで働く1000人の起業家が100億円の産業を生む、という目標を抱いているそうです!
壮大ですね!

興味ある方は、ホームページから人材募集をチェック!

現在、奈良県の奥大和で人材を募集しています。
1月31日締め切りとなっていますので、興味ある方はすぐにチェックしてくださいね。

PROJECTS | Next Commons Lab

順次他の場所でも募集するのかもしれないので、気になっている方はお問い合わせなどしてみるといいと思います。

資本とは一般に、「貨幣」のことです。
でもネクストコモンズラボによると、資本とは「創造力」だそうです。
自由経済である一方、貧富の差が開いていく資本主義。
新しいポスト資本主義を目指すネクストコモンズラボの活動が、若者が生きやすく良い社会へと導いてくれるといいですね!

オススメ記事

スポンサーリンク