読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

365ページのカプリス

カプリス=気まぐれに、気になる情報を!

金谷美帆(ビーズ作家)大学など経歴プロフィール!作品やアナウンサーだった過去も気になる!

ビーズ作家の金谷美帆さんを、ご存知でしょうか?
とても繊細なビーズ作品を作られている方です。
ビーズで作った着物など作品とともに、どんな方なのか調べてみました。

スポンサーリンク
  もくじ

f:id:peachsong:20170108192656j:plain

出典・金谷美帆*Art Bead アート・ビーズ

ビーズ作家、金谷美帆プロフィール!

アート・ビーズ・クリエータ

・金谷美帆(かなやみほ)

・1970年生まれ

・血液型・A型

神奈川県立湘南高校学習院大学経済学部卒。
在学中、ミス鎌倉・ミス豊島・ミス熱海梅の女王・伊豆下田ミス黒船。
IKCアナウンサーを経て1998年よりビーズ創作活動を始める。

ミスに選ばれたりアナウンサーをされていただけあって美人ですね!
しかも、学習院大学卒で才色兼備、羨ましいです!

スポンサーリンク
 

金谷美帆さんの経歴!ビーズとの出逢いは?

23歳から始めたアナウンサー時代にビーズと出会ったそうです。
自分の衣装に合わせるビーズアクセサリーを手作りされてたとのこと。
26歳のときにご結婚され充実した日々を送りますが、すれ違いからわずか1年半で離婚されたそうです。
さらに、自分の意思や言葉ではなく、原稿を読むという仕事にストレスを感じ行き詰まり、5年間務めたケーブルテレビ局も退職するなど、どん底を感じていたそうです。
自宅に引きこもり、当時流行していたビーズのアクセサリー作りに夢中になっていったそうです。
そして、ニューヨーク旅行に行った際、アメリカで有名な「ジョイズ・スコット」の作品を見て感銘を受けました。
ビーズをアートとして使い、
自分でも自分らしいビーズの作品を作ってみたいなと思ったのが、ビーズ作家としての始まりだったようです。
以来、アートビーズクリエーターとして大作を創作してきました。
総ビーズ織り六曲屏風「鎌倉」(2063738粒使用)は、2009年ギネス世界記録認定されています。

金谷美帆さんのビーズアートは、どんな作品?

金谷さんが作品のモチーフ選ぶのは、日本の花鳥風月だそうです。
そして、作品モチーフを選定する大きな要素は『誰も挑戦したことがないもの』だそうです。

代表作の1つには、全てビーズで織りあげた実寸大の着物があります。
制作に3年をかけたという着物、重さが
13キロにもなるそうです。

 

f:id:peachsong:20170108202538j:plain

出典・金谷美帆*Art Bead アート・ビーズ

総ビーズ織り和衣裳「冬夜」
180cm x 120cm、総ビーズ数:約165万2000粒

金谷さんの一番好きな花である「梅」を使ったオリジナルの紅白梅図だそうです。
とても、華やかで斬新、色使いが鮮やかで美しい着物ですね。

f:id:peachsong:20170108202943j:plain

出典・金谷美帆*Art Bead アート・ビーズ
H400 × W600mm
総ビーズ数:約7万粒

「原爆投下後、70年間は緑が育たない」とされていた広島。
いま元安川の畦は豊かな緑に覆
われています。人間同士がいくら争い合って自然を破壊しても、自然は再生していきます。
んな「自然の偉大さ」「生命力の強さ」をこの作品に込めました。

メッセージ性の高い作品ですね。
鮮やかな緑の一粒一粒が、心に訴えかけてくるような作品です。 

www.youtube.com

出典・金谷美帆ビーズ織りアート教室/ How to weave a Ring with a loom by Miho Kanaya - YouTube

どんな風にビーズ織りをするのか、こちらの動画でじっくり見ることができます。
細かい作業ですが、見ているだけでも優雅な気分になれますね。

金谷美帆さん、これからの活動は?

金谷さんの座右の銘は、A ship in harbor is safe, but that's not what ships are built for.

(船は港にいれば安全だが、港に停泊するために造られたのではない)
だそうです。
「美帆」の名にふさわしく
、かっこいいですね。

ビーズを始めて12年経っても、まだやりたいことは沢山あるそうです。
日本の良さをビーズに乗せて世界中に届けていくそうですよ! 

 

オススメ記事
橘内茜(スタイリスト)結婚は?出身や年齢は?ヒルナンデスでも活躍!

野村重存(画家)水彩画の描き方とは?教室や個展情報も!

ピカ子のメイクは下手って本当?リリコのメイクをチェック!

 

スポンサーリンク