読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

365ページのカプリス

カプリス=気まぐれに、気になる情報を!

野村重存(画家)水彩画の描き方とは?教室や個展情報も!

画家の野村重存さん、ご存知ですか?
プレバトでもおなじみ、水彩画の先生をされています。
どんな方なのか気になりますよね!
描き方のコツや、教室・スクール情報も合わせて調べてみました!

スポンサーリンク
 


f:id:peachsong:20170105165817j:plain

出典・https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/408804e8-28c5-f128-f1ea-570638129710

野村重存さん、プロフィール!

名前・野村重存(のむら・しげあり)
出身地・東京都
生年月日・1959年生まれ。
美術大学大学院修了以後、同大学助手、美術専門雑誌社、私立美術館勤務等を経て、現在カルチャースクール、生涯学習講座の水彩画、デッサンなどを中心にした講師や技法書の執筆など絵画レッスンプロとして活動。

出典:http://shigearinomura.wixsite.com/nomurashigeari/profile

BSのプレバトで大人気の野村先生、絵が素晴らしいのはもちろんですが、褒め上手なところも素敵です!
添削しているときに、とても楽しそうに絵を見ていて、心から絵が好きなんだなと感じますね。

 

野村重存先生の水彩画

f:id:peachsong:20170105174225j:plain

遠目に見ると一瞬写真かと思うほど、的確な写実感ですね。
デッサンは忠実で、色付けは少し自由な雰囲気です。
水を含んだ淡い色の重なりと、光の表現の素晴らしさに感銘を受けます。

印象に残っているのは、プレバトの番組で木の描き方をレクチャーしてくれたところです。
先に見えている部分の枝を描きます。
それから木の輪郭をきっちりと描かずに、切れ切れに描くといいそうです。
早速、描いてみると確かに急に上手に描けるようになった気がしました。
色をつける際は、ポンポンと色を載せ、きっちり塗らないそうです。
子供にもわかりやすい説明が良いですね。

スポンサーリンク
 

野村重存先生の講座情報

朝日カルチャーセンター

↑こちらは2017年1月現在だと、新規募集している講座はなさそうですね。

検索結果|東急セミナーBE

↑こちらでも開催されているようです。

NHK文化センター | 好奇心の、その先へ NHKカルチャー

 ↑いくつかの講座では、満席でキャンセル待ちですね。
やはり、人気の先生ですね。
都合がつけば参加してみたいと思います。

受講日は、だいたい1回あたり、2時間半で4000円代前半くらいのようですね。
詳細はそれぞれのスクールで聞いてみてください!

スクールでは、サービス精神満載の講義が受けれると評判のようです。
惜しみなく描き方のテクニックやコツを教えてくださるそうですよ!
温厚な人柄も好感がもたれているそうです!

野村重存先生の本

オススメの本はこちらです。

これは、赤、青、黄色の三原色のみで描くもの。
この3色だけ用意すれば良いので、お手軽ですし、エコでもありますね。
色の組み合わせや濃淡によって、たった3色から生まれたとは思えない世界が広がります。

水彩画は色を塗るのが醍醐味ではありますが、しっかりした下書きがあってこそ活きますよね。
絵の具を塗る事に重点を起きがちですが、楽しくデッサンを上手にできるコツが書かれていてためになりました。

他にもたくさんの書籍を出されています。
野村重存ホームページ

個展情報

今の所、個展情報はみつかりませんでした。
開催が決まったらホームページ等に掲載されると思うので、要チェックですね!

 

スポンサーリンク