読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

365ページのカプリス

カプリス=気まぐれに、気になる情報を!

H型巨石!ティワナク・プマプンク遺跡は宇宙人が作った?ビラコチャ伝説とは?

f:id:peachsong:20161228205144j:plain

出典・http://isearth.blog.fc2.com/blog-entry-537.html?sp


地球上には、あらゆる謎めいた建造物がありますが、ピラミッドなどを作った謎が少しずつ明らかになってきています。

でも、まるで謎が解けず、唯一宇宙人が造ったとされるプマプンク遺跡をご存知でしょうか?
どんな遺跡なのか、調べてみました。

スポンサーリンク
 

プマプンクは、ティワナク遺跡の一部?

ボリビアのプマプンクには、驚異的に精巧なH型巨石が多数あります。
1つの石が100トン以上とも言われ、現在の技術においても作ることが難しいとされます。
これが実は紀元前1万五千年頃、(氷河期の終わりにさしかかった頃)のものとされているそうです。
つまり今から約17000年も前のものだというのです!
…すごいミステリーですね!

ティワナクって何?

ティワナクは南米ボリビアにあるプレ・インカ期の遺跡名、管区と村の地名です。
ティワナク遺跡は、チチカカ湖の南東、内陸へ約17 kmほど入ったところにあり、標高は3,970m。
その時代の社会や文化も「ティワナク」と表現することもあり、インカ文明と同様に文字を持たない文化でした。
2000年に、世界遺産として登録されました。

f:id:peachsong:20161227111741j:plain

チチカカ湖

現在ある遺跡は1970年代に政府によって復元されたものですが、遺跡本来の姿ではないとされています。 

遺跡の中心となる広場「カラササーヤ」、その端に置かれた巨大な一枚岩の門「太陽の門」、ピラミッド型建造物の跡「アカパナ」、180もの石の顔が壁面から突き出している半地下の広場「半地下神殿」などがあります。
いずれも強引な復元により、本来配置されていた正確な位置はわからないそうです。
きっと、集客のため、観光客を喜ばせるために、無理に復元したのでしょうね。

プマプンク遺跡とは?

ティワナク遺跡の中心から外れたところに、プマプンク遺跡はあります。
水路の跡が残っており、ピラミッド状の基壇の中へと続いています。
この水路には、おそらく装飾を目的とした砒素青銅製のローマ字の I 字型をしたかすがいが石材をとめるため使われているそうです。
また、各所の建築石材には表面に一部加工が施され文様が入ったものがあるが、風化が激しいのではっきり見ることはできません。

散らばっている精巧な巨石の表面はとってもツルツルで、ダイヤモンド加工より粒子が細かいことから、未知の工法で製造されたとも言われています。

数多くのH字型ブロックは、非常に正確に一致した形状で、まるでレゴのようにフィットして組み合わされるように作られています。

また標高が約4000メートルものプマプンクに、どのようにして巨石を運んだかも謎なのです。

ティワナク遺跡の中にプマプンク遺跡を含めるべきかどうかは、はっきりしてないようです。
プマプンクだけは1㎞ほど離れていることと、より進んだ技術が必要とされることから、ティワナクとは違う、より進んだ文明によって建てられたという意見もあります
そして、宇宙人が建てたとしか考えられないと言う論者たちもいるそうです。

スポンサーリンク
 

宇宙人説を唱えるジョルジョ・ツォカロス

大人気の古代宇宙飛行士説の論者、ジョルジョ・ツォカロスによる宇宙人説は、このようなものです。

・プマプンク遺跡の技術は、地球外生物によるものとしか考えられず、宇宙人が造った。

・地球を離れる前に宇宙戦争をし、壊してから旅だった。
・プクマンクは宇宙人が造ったもので、それを見た人間たちが真似して作ったのがティワナク遺跡である。

など、壮大なスケールですが、真実味もありますね。
近年、地球外の生命の存在の確率は、科学的にも数学的にも高いとされていますし、広い宇宙で他の優れた文明を持つ生物がいても不思議ではないですよね。

ビラコチャ伝説

ビラコチャ神はインカ帝国で、キリスト教の布教がなされるまで信仰されていた神様で、最重要の神の1柱であり、文明の創造者とされていました。

種々の伝説があるそうですが、創造者であるビラコチャ神は大洪水と天地創造の後、人々に生きる知恵を与え、チチカカ湖岸から水を渡り姿を消したと言われています。

ビラコチャ(Viracocha)とは「海の泡」を意味しています。
彼の称号となっている多くの形容語は、素晴らしく全知全能、強力であるなどを示しています。

ティワナク遺跡の神殿の上に、この創造神ビラコチャのモニュメントがあります。
神殿の壁に、世界中すべての人種の顔を模した石が飾られています。
細長い頭蓋骨、ターバンを巻いてる人、大きな鼻を持つ人、細い鼻を持つ人、厚い唇を持つ人、薄い唇を持つ人、そして宇宙人をモデルにしたようなの顔もあります。
宇宙人は、全知全能の創造神ビラコチャとして登場していたのでしょうか?

f:id:peachsong:20161227130115j:plainf:id:peachsong:20161227131954p:plain

 引用元・http://qualia-earth.com/tour/peru_bol_bra060-2A.html

 

古代の地球には火星人が頻繁に訪れていたという説もあるそうです。
また、H型の構造物は縦に並べると鉄道のようになることから、宇宙船の発射台だったのではという説も発表されています。

H型巨石の謎、これからどんどん解明されていって欲しいと思います。
世の中には、数え切れない壮大な物語がありますよね!
真実を知りたい欲求はもちろんあるのですが、謎があるからこそ、ロマンがあって探求する楽しみがあるのかもしれませんね。

スポンサーリンク